忍者ブログ
日々の暮らしを綴ります。 心機一転☆
[78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69] [68
2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/07 (Tue)
前に、

「みんなに優しい人はみんなに冷たい人」
「みんなに笑顔な人は誰にも興味がない人」

って話をしましたが、
まぁそれはそうでもあるかもなんだけど、

「誰かに優しい人は誰かに優しくない」

のもあるかと思いました。
私は、私の周りのみんなが笑顔で幸せならばそれが私にとっての幸せではあるのですが、
みんなが幸せって事は、もしかしたら不可能なのかも知れない。

例えば、
私が何かさせてもらうことで 嬉しくなってくれる人がいて、
けどそれが2人になった場合、
私はひとつしかなくって、片方の人にしか構えなかったら、それはもうひとりの笑顔を引き出してあげられなかった事になるのですよね。

そもそも人間がコミュニティーの中で生活する中では、選択という要素が不可欠であり、
選ぶという行為は、選ばないという行動と表裏一体であるからにして、
全てのものに対して、同様の対応は不可能であると。。


目に見えてない中で、私はいろいろな人をひたすらに傷つけているのかも知れないです。


特性とか性質ももちろんそうで、何かをさせてもらう事が自身の存在価値であることは、
他人に何も関与させない人にとってはたたの邪魔でしかなく、
周りの手を煩わせないことが安定材料である人に対しては、
幸せを感じられない自身がいるということなのか。



とりあえず、表だけ見ていてはダメって事を学んだ気もする。





そして、いろいろな意味で、自身のダメさを感じながら、辛い気分とか悲しい気分を払拭できるように頑張るのです(o">_<)o"



そして、無茶を言われることで、存在価値がほしいとか必要とされたいとか…。
誰かにわがままを言われる事は、ある意味、存在を認められるということで、、誰かにひたすら何かをする事は、ある意味、幸せなことなのです。
多分、基本的に要らない人間であるから…。なんとかして存在している意味がほしいのかな…。

何かを求められたら、どうにかして頑張ります。

ダメ人間か……




分不相応なのに、ぐるぐる悩んでしまう私は、相当に救いようがないほど身の程知らずなんだろうな。。



最近、

少しでいいから自信がほしいと思う自分がいます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 視界が薄い…■ HOME ■ 鬼曲…はぜ >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
■ カウンター ■
■ カレンダー ■
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ 最新記事 ■
■ 最新コメント ■
[12/10 ecnaccounts]
[12/08 Dominick ]
[12/05 tlytzluyiz]
[12/04 lotstp]
[12/01 XRumerTest]
■ プロフィール ■
HN:
kyoko
年齢:
30
性別:
女性
誕生日:
1987/06/15
趣味:
文字。
自己紹介:
マタタビは、活字と紙と鉛筆。


紙芝居と絵本が大好きです(*^-^)
ついでに、絵画と書道と音楽も好き♪


Christian Riese Lassen氏とニッツァン・ハロズ氏が心の癒やし(´-ω-)



描くのは基本的に、静物画。

書くのは基本的に、漢字。

読むのは、何でもいい(笑)
むしろ、広告を"読む"のも好き☆

吹くのは、Trombone。
でも家ではオカリナかハーモニカ(ハープじゃないよ。小学生が使うアレ。)

聴く事は、実はあまりしない(^_^;)
無音大好き(*^ω^*)
時計の音とか衣擦れの音も煩わしい(ぇ)
空気の音とか、電波の音とか、あぁぃぅのが聞こえるくらぃがよい(´-ω-)


字を書いてると、
精神が落ち着く。

絵を描いてると、
精神が共鳴する。



言葉が好き。
日本語ってきれい。

美しいものが好き。

空が好き。。

Designed by TKTK
PHOTO by Metera
忍者ブログ [PR]